本文へスキップ
                札幌桑園教会のあゆみ  

 札幌桑園教会は日本キリスト教会に所属し、プロテスタント信仰に則って活動する
 キリスト教会です。

 札幌桑園教会の発祥は、1920年にまで遡ります。
 その年の2月29日、札幌北一条教会会員・時任和歌宅で開かれた日曜学校が始まり
 です。

 1923年、北7条西13丁目に校舎を建て、幼稚園を開設し、ここで子供礼拝とともに
 集会が定期的に開かれるようになりました。

 1959年4月26日、教会設立総会が開かれ、教師南義子を初代牧師に迎え、この日教会
 建設式が行われました。学校法人桑園幼稚園の園舎を借りての出発でした。

 1977年、牧師を先頭に教会員の弛まぬ努力の結晶として、現在地に鉄筋コンクリート
 造りの堅牢な会堂が献堂されました。

 1979年、教師三輸恭嗣が第二代の牧師として就任しました。

 1989年には、教会建設30周年を記念して、教会員の時任顕正の制作によるパイプオル
 ガンが設置されました。

 2000年8月に河野行秀牧師が就任し、現在に至っています。

 2009年教会建設50周年を迎えました。

 併設の施設として、学校法人桑園幼稚園があります。日本キリスト教会の信仰に基づい
 て運営されています。


桑園伝道所
旧桑園教会
現在の桑園教会
礼拝堂と
パイプオルガン

 

日本キリスト教会 札幌桑園教会

〒060-0007
北海道札幌市中央区北7条西13丁目2-1

TEL 011-221-1952